toggle
2021-02-24

宿泊予約「小柳」

公式サイトからのご予約がいちばんお得です! >> https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/planlist.asp?hcod1=6A480&hcod2=001&mode=seek&clrmode=true&reffrom=

9月1日プレオープン! 貞享3(1686年)創業の歴史を繋ぐ「小柳」

貞享3(1686年)創業の歴史を持つ老舗旅館「小柳」が、複合施設としての「松本十帖」へと生まれ変わりました。新生「小柳」は「松本十帖」内にある2つのホテルのうち、ファミリーや気兼ねない友達との滞在をイメージしたホテル。名前を引き継ぎながら中身は完全に新しい、「心と身体のバリアフリー」をテーマに掲げたホテルです。

もともと「小柳」の由来は、隣にあった上級武士の湯「柳の湯」に対して、下級武士の湯として「小」を付けたと言われています。

貞享3年の文献には、飢饉を救うために村のために尽力した小柳当主の記録が残っています。実際には貞享元年以前にも「小柳」は存在したはずで、飛鳥の時代から続く可能性もあります。

実は「日本書紀」にも登場し、飛鳥時代から繁栄したと言われる浅間の湯。特に山の手通りは、室町時代、信濃の大小名が集まった国府的存在「浅間の宿」があった場所と言われています。「小柳」が建つのはその山の手通りと、江戸時代以降に賑わった湯坂の十字路。千年以上にわたり小柳の周囲には人々が集まっていたと思われます。

「小柳乃湯」には多くの人が訪れ、明治、大正、昭和と歴史を重ねながら、地域を代表する「温泉旅館」として発展してきました。その背景にある心は「より多くの人に温泉を楽しんでもらいたい」。新生「小柳」は、そんな意思を引き継ぎ、旅館としてではなく、新しい時代の「温泉ホテル」として再生。浅間温泉のエリアリノベーションプロジェクトの中核でもあります。

ところで、旧「小柳」の敷地内にはもう一つのホテル、「松本本箱」があります。「どう違うの?」というお問い合わせも多いのですが、「松本本箱」は寸分の隙もなくデザインされた「ストイック」な空間が特徴のデザインホテル。内装は解体時の「記憶」を残したもので、鉄筋コンクリートの内壁やブロックなどがそのまま露出しています。「工事中?」とおっしゃるお客様がいるほど、そのインパクトは強く、好き嫌いは大きく分かれます。

一方の「小柳」は、本箱同様にスケルトンリノベーションを施していますが、すべての壁面と天井を内装材(珪藻土と天然木の天然素材)で仕上げています。一般的にはこちらの方が馴染みやすく、落ち着く方も多いかと思います。小さなお子様づれやご高齢のお客様はもちろん、ゆったり寛ぎたい方は「小柳」をお選びいただくと間違いないかと思います。(余談ですが、工事中?と聞かれる「松本本箱」の方が、天然素材で仕上げた「小柳」より、はるかに工事費がかかっています。「松本本箱」は細かなところに建築家の思いが詰まった、真のデザインホテルです)

なお、夕食は2つのレストランから選択可能ですが、大人の旅の場合は「松本本箱」1階のレストラン「三六五+二(367)」をお選びください。

「小柳」の1階のキッズダイニング「ALPS TABLE(アルプステーブル)」は、小さなお子様連れのお客様専用のレストラン。壁一面にプロジェクションマッピングが施され、りんごや稲の生育をお子様が体感できるエディケーション・レストランです。走り回ったり、大声を出してはしゃいでもOK。一角には絵本コーナーもあり、食事に飽きたら本を読んでお過ごしいただけます。お料理の提供方法もシンプル&スピーディー。ささっと食べて子供と一緒にプロジェクションマッピングを楽しむ、そんなレストランです。

プランでお選びください。

公式サイトからのご予約いちばんお得です! >> https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/planlist.asp?hcod1=6A480&hcod2=001&mode=seek&clrmode=true&reffrom=

【公式サイト予約特典】
1・ベストレート保証のプランは、シーズンや曜日により室料が最大50%OFF。
2・自遊人グループのホテルや雑誌等で発行された割引チケットをご利用いただけます。
3・次回、繁忙期もご利用いただける5000円割引チケットをお渡ししています。

 

□全室に源泉かけ流しの露天風呂が付いています。温度管理の関係上、各室の湯温をボイラーで調整していますが、いわゆる循環装置は使っていません。
□大浴場はありません。中庭に江戸時代の湯小屋を再現した「小柳乃湯」があります。
□ 客室は3〜7階です。3〜5階には車椅子でもご利用いただける客室、ベビー&キッズ歓迎の客室もあります。4世帯集まればフロア貸切も可能。ぜひご親戚の集いなどにもご利用ください。
□小柳のフロント営業は19:30までです。早めに閉まりますのでご了承ください。19:30〜23:00は松本本箱のフロントが営業しております。
□小柳にはロビー&パブリックスペースがありません。敷地内でおくつろぎいただく際は『松本本箱』のパブリックスペースをご利用ください。

□設計:自遊人

関連記事