toggle
2020-07-18

松本十帖の感染症対策

最高水準の感染防止対策を実施中です。

松本十帖では「里山十帖」同様、お客様には「見えない」清掃を徹底し、業界最高水準の感染防止対策を実施しています。「検温」「アクリル板」「ソーシャルディスタンス」といった、単にマニュアル的な感染対策ではなく、実質的に感染拡大が懸念される部分に対して徹底的に取り組んでいます。とくに宿泊施設では清掃時に「お客様から従業員」に感染し、地域に広げてしまうことが最も危険です。一方、送迎車の定員は一時的に少なくしましたが、現在は定員乗車で運行しています。駐車場からホテルは約1分。乗車時は会話を控えていただけるようお願い致します。

【松本十帖の感染防止対策・新しい取り組み】

■使い捨て非接触キー(QRコード)を導入しました。
物理的な鍵を使用せず、毎回出力して廃棄するQRコードをルームキーに採用しました。

■夕食をブッフェからコースに変更しました。
当初予定していた「ガストロノミー・ブッフェ」のコンセプトを変更、料理を一新してコースに変えました。

■自動噴霧式(または足踏み式)のアルコール消毒器を導入しています。
手でプッシュするのではなく、手をかざすと自動的にアルコールが噴霧する消毒器を各所に配置しています。また一部には足踏み式の消毒器を導入しています。

■特に換気を徹底しています。
館内のパブリックスペースは随時窓を開けて換気しています。またブックストアは元大浴場。強力な換気扇が付いており、フル回転しています。のれんが常に大浴場側に引き込まれている様子をご覧いただくと空気がいかに回転しているか、お分かりいただけると思います。またグリルレストラン『三六五+二(367)』ではグリルが空気を強力に吸い込んでいます。食事の際には皆様の背中方向からグリルに向かった気流ができています。

■『ALPS TABLE』のテーブル間に仕切りを入れました。
当初、予定のなかった間仕切りを入れました。

■全室に露天風呂を設置しました。
全室に源泉かけ流しの露天風呂を設置しました。

■お勝手バーの「おやつ」を個包装のもの中心にしました。
個包装中心に変更しました。トングやディスペンサーをご利用の際には手指のアルコール消毒をお願いします。

■徹底した清掃と様々な手法による消毒&滅菌を行っています。
さらにスタッフに感染しないよう、最大限の対策を講じています。
・使い捨て手袋&ヘアキャップ着用。状況によりフェイスガード使用。
・使用済みリネンなどと触れる場合は最大限のケアをしています。

■毎日、従業員の健康状態チェック(検温等)を行っています。

お客様へのお願い。

■チェックイン時、検温へのご協力をお願いします。
■各施設の入場時、特に「本の道」やレストランへの入場時には、手指のアルコール消毒をお願いしています。
■送迎車やエレベーターでは会話をお控えください。
■アクリルやビニールのパーテションをできる限り少なくしています(飛沫が付着し、その場所に長時間ウィルスが生き続けることになります)。ご理解いただければ幸いです。
■換気を徹底しているため、夏は冷房が効きにくく、冬は暖房が効きにくいことがあります。ご理解いただければ幸いです。
■ご出発前にご家族やご同行者の健康状態をチェックしていただければ幸いです。健康状態が優れない時は、ご旅行を中止していただけますよう、お願い申し上げます。

お客様に見えない清掃を映像にしました。里山十帖の映像ですが、松本十帖でも同様の清掃をしております。ご覧いただければ幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=_0yzpr4Grbg

 

関連記事