toggle
2020-07-20

ご挨拶

松本十帖プロジェクトは、
貞享3(1686年)創業の歴史を持つ
「小柳」の再生プロジェクトであり、
浅間温泉のエリアリノベーションプロジェクトです。

貞享3(1686年)創業の歴史を持つ老舗「小柳」を引き継いだのは2018年3月のこと。浅間温泉の潜在的な魅力とお湯の素晴らしさに惹かれて、「小柳」の再生を引き受けました。駐車場がないのに巨大な収容人数。階段と段差だらけの建物…。無理難題が山積みの旅館ではありましたが、小柳の再生は、同時に、全国に数多くある元気のなくなった温泉街、そして地方都市の活性化のために「私たちは何ができるのか?」という挑戦でもありました。

「松本十帖」プロジェクトは、貞享3(1686年)創業の歴史を持つ老舗「小柳」の再生プロジェクトであり、浅間温泉のエリアリノベーションプロジェクトでもあります。

一般的にこのようなプロジェクトには補助金も多く投入されていますが、この「松本十帖」プロジェクトは完全な民間企業によるプロジェクト。資金は全て銀行借入によるもので、「補助金を使わない活性化プロジェクト」、しかも「中小企業によるプロジェクト」として多くの方からご注目をいただいております。

しかし、「補助金を使わない」と言うのは簡単ですが、設備投資額が莫大な旅館経営はそんなに楽ではありません。できる限りご利用いただきやすい金額に設定するため、様々な運営コストを削減しておりますが(その一方でサービススタッフは平均値より増員して運営にあたっています)、一般的な旅館と比べると宿泊料金は高めに感じられるかもしれません。

そもそも駐車場が敷地内にありません。「この料金でバレーパーキングもないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも私たちは、徒歩3分の駐車場から皆様に歩いていただくことが浅間温泉の活性化につながると考えています(送迎車も巡回しています)。

そして。コロナ禍中でのプレオープンということもありオペレーションの乱れが大きく、思ったようなサービスがご提供できていません。さらに現在、会計システムと顧客管理システムが稼働しないトラブルが続いており、当面の間はサービス面で大きな乱れが続きそうです。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、スタッフは毎日トラブルと戦っております。2021年春のグランドオープンを目指して、一つずつ着実に、改善を続けています。どうか、あたたかい目で見守っていただけると幸いです。

今後、2つのホテル、2つのカフェ、ベーカリー、ショップ、ハードサイダー醸造所等々、グランドオープンに向けて各施設を順次開業していく予定です。この挑戦は皆様のご支援なくしては成り立ちません。皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社小柳
代表取締役 岩佐十良

関連記事